ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ

地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスを削減するためには、エネルギーの消費を減らすことが重要です。当グループは、より高い省エネ性能を備えた製品をお客さまへ提供することで製品使用時のエネルギーの削減に取り組みます。併せて、生産プロセスで消費するエネルギーの削減にも取り組んでいます。

製品の環境性能向上

当グループは、環境に配慮した製品やソリューション/サービスを開発・普及させることで環境課題の解決に貢献することをめざしています。そのための対応として、省エネ性能の向上など製品の環境性能向上やIoTソリューションの普及に取り組んでいます。
評価対象は、使用時CO2排出量(消費電力量)抑制の貢献度の高い製品(冷蔵庫、洗濯機、LED照明)とIoTソリューションとしています。

製品の開発にあたっては「機能向上」と「環境負荷の低減」の両立を図るため、容積や洗濯容量などの機能が同等な機種を比較した評価を行っています。あわせて、省エネ性能の高い製品の販売拡大やIoTソリューションの普及拡大を図ることにより、CO2排出量の削減を進めていきます。2019年度は、2010年度比23.1%の削減目標に対し24.0%の削減を達成しました。

CO2排出抑制の大きい製品、ソリューション/サービス
(冷蔵庫、洗濯機、LED照明、Exiida遠隔監視・予兆診断)の
CO2排出量削減率(2010年度比)
CO2 2019年度 目標23.1%削減 達成 実績24.0%削減 基準年度(2010年度)CO2排出量*1 304.5万トン-CO2/機能量 100% → 2019年度実績 CO2排出量* 231.3万トン-CO2/機能量 76.0%

*1
評価年度製品と同等の台数を設定したライフタイム期間使用したと仮定した
場合のCO2排出量とソリューション/サービス採用前のCO2排出量を合算

ソリューション/サービスによるCO2削減取り組み事例

空調IoTソリューション「exiida」遠隔監視・予兆診断

「exiida」は、冷凍・空調機器をインターネットにつなぎ、機器のデータを収集し、蓄積・分析・活用することで、さまざまな課題を解決する空調IoTソリューションです。空調・冷熱機器の運転状態を監視し、正常な運転データと現在の運転データを比較することで故障につながる変化を検出します。この結果に基づき、故障する前に予防保全を実施することで、冷凍・空調機器の安定稼働をサポートします。

故障する前に予防保全することにより、冷媒漏洩事故が発生した場合でも、冷媒漏洩量を低減できるため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出抑制に貢献します。また、予兆診断で定期的に機器の予防保全を実施することで、故障時のサービス員の出張点検回数の削減につながり、その結果サービス員の移動に伴うCO2排出量も削減できます。

予兆診断の概念図(イメージ図)

生産プロセスにおけるCO2排出量の削減

地球温暖化の原因となっているCO2などの温室効果ガスの排出原因の一つが、企業活動におけるエネルギー消費です。当グループでも、製品をつくる際にエネルギーを使用していることから、高効率機器の導入や生産プロセスの改善などにより、徹底した省エネルギーを推進しています。具体的な目標としては、2019年度からCO2排出量原単位*2を指標とし、2021年度に2010年度比で14.6%改善することを目標としています。

2019年度のCO2排出量原単位改善率は、9.3%の目標に対し7.0%と未達成となりました。目標に届かなかった理由としては、売上高の減少により設備利用効率が悪化したことや、売上高の変動に固定電力の削減が対応できなかったことなどにより、CO2排出量原単位が悪化した事業所があったことが挙げられます。

CO2排出量原単位改善率
(2010年度比)
CO2 2019年度 目標改善率9.3% 未達成 実績改善率7.0% 基準年度(2010年度)CO2排出量13.4万トン-CO2/活動量*3 100% → 2019年度実績 CO2排出量10.0万トン-CO2/活動量93.0%

*2
CO2排出量を活動量で割った値。
*3
CO2排出量と密接な関係をもつ値。例:生産高、生産数量など)

事業所におけるCO2削減の取り組み事例

高効率機器の導入

生産プロセスにおけるCO2排出量を削減するために、個々の事業所においてLED照明やインバーター空調などの高効率機器の導入を計画的に進めており、照明や設備のエネルギー使用効率の改善を図っています。

日立グローバルライフソリューションズ多賀事業所では、2019年度に蛍光灯や水銀灯1,978台をLED照明に更新しました。また、二次変電所の変圧器12台をアモルファス変圧器に更新しました。これら高効率機器の導入により、年間170トンのCO2排出量を削減しました。

交換型LED照明 高天井型LED器具 アモルファス変圧器