ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ

当グループでは、「環境ビジョン」の実現に向け、具体的な行動計画を3年ごとに定めています。2018年度に策定した「日立グローバルライフソリューショングループ2021環境行動計画」(以下、2021環境行動計画)では、環境長期目標「環境イノベーション2050」を達成するために、2021年度までに取り組む3か年計画を策定しました。2021年度までの3年間、この計画のもと環境活動を推進しています。
なお、新目標値を定めた2018年度において、一部の事業所で2010年度から原単位が悪化している状況にあるため、目標値の一部はマイナスの改善率になっています。

「2021環境行動計画」の目標と2019年度実績

2019年度の成果としては、事業所のCO2排出量の削減と資源利用効率の改善の項目が目標を達成できませんでした。主な要因としては、売上高の減少により、エネルギー利用効率や資源利用効率が目標に届かなかったことによるものです。2020年度は、最終年度2021年度の目標達成に向けて各々の活動を継続的に改善していきます。

2021環境行動計画の主な活動項目と目標

ガバナンス
項目 指標 2019年度
目標
2019年度
実績
達成状況 2020年度
目標
2021年度
目標
グローバル環境管理強化 海外事業所環境監査自主実施率
(実施事業所数/対象事業所数)
100% 100% ♦♦♦ 100% 100%
低炭素社会
項目 指標 2019年度
目標
2019年度
実績
達成状況 2020年度
目標
2021年度
目標
製品・サービス 製品・サービスの
CO2排出量削減
CO2排出量削減率
(2010年度比)
23.1% 24.0% ♦♦♦ 23.9% 24.6%
ファクトリー・
オフィス
事業所のCO2排出量の削減 CO2排出量原単位改善率
(2010年度比)
9.3% 7.0% 13.0% 14.6%
輸送のCO2削減 輸送エネルギー原単位改善率(日本)
(2010年度比)
0.3% 12.9% ♦♦♦ 1.6% 2.6%
高度循環社会
項目 指標 2019年度
目標
2019年度
実績
達成状況 2020年度
目標
2021年度
目標
水循環
(ファクトリー・オフィス)
水利用効率の改善 水使用量原単位改善率
(2010年度比)
22.2% 35.3% ♦♦♦ 22.9% 23.8%
資源循環
(ファクトリー・オフィス)
資源利用効率の改善 廃棄物有価物発生量原単位改善率
(2010年度比)
-19.8% -20.1% ♦♦ -18.3% -18.3%
廃棄物埋立率 1.82% 4.1% 1.79% 1.79%
自然共生社会
項目 指標 2019年度
目標
2019年度
実績
達成状況 2020年度
目標
2021年度
目標
化学物質
(ファクトリー・オフィス)
化学物質排出量の削減 化学物質大気排出量原単位改善率
(2010年度比)
-26.6% -10.1% ♦♦♦ -18.3% -18.1%
生態系保全 自然資本へのインパクト算出 正・負のインパクト算出 (環境負荷、森林保全活動など)

〈評価基準〉 ♦♦♦:達成 ♦♦:達成率80%以上 ♦:達成率80%未満