ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ

私たちは、事業活動を推進することにより、少なからず生態系に影響を与えています。当グループでは、生態系保全の一つとして、生態系に影響を及ぼす可能性のある化学物質を適正に管理します。
また、生産プロセスにおける化学物質の排出削減に取り組んでいます。

生態系の保全と企業のかかわり

私たちの生活は、大気・水・土壌・動植物などの自然資本によって提供される、さまざまな自然の恵み(「生態系サービス」)によって成り立っています。この自然の恵みを将来にわたって享受できる自然共生社会を実現するため、日立は「環境長期目標」において自然資本へのインパクトの最小化という目標を設定しました。事業活動において、温室効果ガスや化学物質の大気への排出や廃棄物の発生などを「負のインパクト」、生態系の保全に貢献する自社の製品・サービスの提供や生物多様性や生態系など自然保護に関する社会貢献活動などを「正のインパクト」として分類し、2050年までにその差の最小化に努めます。
当グループにおいても、原材料の調達や製品の製造、輸送時のエネルギー使用など、全てのバリューチェーンにおいて、少なからず生態系に影響を与えています。そこで私たちは、「事業を通じた貢献」と「自然保護に関する社会貢献活動」の両面から、「生態系サービス」を維持・回復するよう努めています。

このうち「事業を通じた貢献」としては、生態系への負荷を軽減する設計・生産活動を推進するとともに、省エネ製品を提供しています。化学物質の管理についても、生態系の保全活動の一環と位置づけ、適正に管理しています。

プラスチック成形工程における歩留まり*1向上への取り組み

多賀事業所では、洗濯機、クリーナー、IHクッキングヒーターなど家電製品を製造しています。
同事業所では、これら家電製品のプラスチック部品の成形時に副次的に発生するゲート・ランナー*2の不要材を有効利用するため、成形工程に粉砕機を隣接設置しました。
従来、廃棄および他工場、他社へ運搬し再生加工していた一部のゲート・ランナーは、この取り組みにより同一工程内で再利用できるようになりました。これにより、2020年度は、199トンのゲート・ランナーをプラスチック材料に再利用し、歩留まり向上を図りました。

*1
原料の使用量に対する製造品の量の比率。なお、日本産業規格(JIS)等では同 一工程内においてリサイクルされた原料は「再生材」にはみなされない。
*2
溶融したプラスチックを金型内の製品部へ導く流路のこと。流路で固まったプ ラスチックは成形終了後に製品と切り離され不要物となる。

バージン材 粉砕物成形時に発生するゲート・ランナー 計量混合機 粉砕機 プラスチック成形機 完成品(洗濯機部品)

プラスチック成形時に発生する不要物の再生利用フロー

製品含有化学物質の管理

生態系保全活動の一つとして当グループでは、製品の開発設計段階から、材料や部品の調達、製品の製造の各段階における材料・部品などに含有する化学物質の管理を行っています。特に重要な調達における化学物質の管理は、日立グループとして公開している「日立グループグリーン調達ガイドライン」に従って、厳しく管理しています。製品に組み込まれる材料、部品はもとより、製造工程で使用する油脂類など、生産にかかわる全ての購入部材について、サプライヤーの協力を得ながら、化学物質の含有量調査を実施しています。さらに、J-Moss*1にもとづき製品の化学物質の含有情報をWebサイトで開示しています。*2

*1
JIS C 0950「 電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」の通称。
*2
冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機、電子レンジ、エアコン

製品含有化学物質の管理の概要

生産プロセスにおける化学物質削減

当グループでは、大気汚染を防止するために、化学物質を適正に管理するとともに、工場から排出される揮発性有機化合物(VOC)などの排出削減に取り組んでいます。
活動目標としては、化学物質大気排出量原単位*3を指標として、2021年度に2010年度比の改善率を-18.1%にすることを目標*4に取り組んでいます。
2020年度の化学物質大気排出量原単位は、改善率-18.3%の目標に対し、10.1%と目標を大きく上回り達成しました。主な改善施策としては、洗濯機のキャビネットにPCM(pre-coated steel plate)鋼板を採用することで自家塗装を減らしたことによる、塗料に起因した化学物質の排出量を大幅に削減したことが挙げられます。
また法令により測定が義務づけられている硫黄酸化物(SOx)と窒素酸化物(NOx)などの排出量を把握し、法令に従った適正な管理を実施しています。

化学物質大気排出量原単位改善率
(2010年度比)
2020年度 目標改善率-18.3% 達成 実績改善率10.1% 基準年度(2010年度)化学物質大気排出量 277トン/活動量*5 100% → 2020年度実績 化学物質大気排出量 146トン/活動量 89.9%

*3
化学物質大気排出量を活動量で割った値
*4
新目標値を定めた2018年度において、一部の事業所で2010年度から化学物質大気排出量原単位が悪化している状況にあるため、目標値はマイナスの改善率になっています。
*5
化学物質大気排出量と密接な関係をもつ値。(例:化学物質取扱量、生産高など)