ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ

こだわりの省エネ性・快適性に加え、熱交換器を洗浄する「凍結洗浄」機能を搭載

これまで、高い省エネ性と快適性にこだわり続けてきた日立の『省エネの達人プレミアム(R32)』。今回さらに「凍結洗浄」機能を搭載し、快適な空調環境を提案します。

省エネの達人プレミアム(R32)に熱交換器自動お掃除「凍結洗浄」を搭載

*
省エネの達人プレミアム(R32)の「凍結洗浄」は熱交換器の目詰まりを抑える機能で、風量低下を抑制できます。

熱交換器を定期的※2に洗浄することで、風量低下を抑制することができます。

※1
汚れの落ち方は、使用環境により異なります。
※2
多機能リモコンの手動洗浄の操作もしくは自動洗浄の設定が必要です。

対象室内ユニット

※3
224型・280型には対応していません。

業界トップクラス*1のAPF2015*2

「省エネの達人プレミアム(R32)」は、業界トップクラス*1のAPF2015*2を達成。また、40~160型の全容量で省エネルギー法2015年度基準値をクリアするとともに、消費電力量とCO2排出量の削減にも貢献します。

*1
店舗・オフィス用パッケージエアコンにおける、省エネの達人プレミアム(R32)と「てんかせ4方向」の組み合わせにおいて(40型・112型を除く)。
型名(APF2015値):45型(7.5)・50型(7.4)・56型(7.3)・63型(7.3)・80型(7.1)・140型(6.7)・160型(6.5)。2019年9月24日現在。
*2
JIS B 8616:2015に基づく「通年エネルギー消費効率」の値を示します。

てんかせ4方向と組み合わせた場合

新冷媒R32の採用で環境影響度の目標達成度「A」*3を達成

*3
フロン排出抑制法に製品ごとに定められたフロン類からの転換目標値を達成したものを 「A」 とし、転換目標値に対する達成度合いに応じて多段階で表示する記号。

JIS制定フロンラベル 新冷媒R32は2020年度目標値(GWP:750)をクリア

詳しくは をご覧ください。

80型は小型・軽量化で運搬がさらにスムーズに