ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ株式会社

理系女子座談会

ABOUT US女性社員インタビュー

理系女性社員社員座談会

職場環境・人間関係・福利厚生など
理系出身の女性エンジニア4人に、日々の働き方や職場の環境を自由に語ってもらいました。

  • S

    品質保証
    CS統括本部 品質保証本部
    第二品質保証部
    冷蔵庫品質保証グループ S 2015年入社

  • I

    設計開発
    プロダクト統括本部
    冷熱家電本部
    第一設計部 I 2015年入社

  • F

    設計開発
    プロダクト統括本部
    冷熱家電本部
    第一設計部 F 1991年入社

  • N

    品質保証
    プロダクト統括本部
    冷熱家電本部
    第一設計部 N 2010年入社

皆さんの入社の動機を教えてください。

N
私は、どうしても人が触れるようなものを作りたいという思いが学生時代からありました。専攻が電子科だったんですけど、電子って触れないじゃないですか(笑)。冷蔵庫は、小さい子からお年寄りまで幅広い年齢の方に使ってもらえるので、作り甲斐があるなと思ったんです。
あと、設計開発は日本だけど、生産は海外で行っている会社もあるんですが、日立は工場のすぐ近くで製品開発ができるんです。現場と密に関われることが魅力的だなと思って決めました。
S
就活当初は化粧品メーカーや食品、化学系を漠然と受けていたんですけど、ピンとこなかったんです。でも、ものづくりがしたいという思いがあって、視野を広げたときに当社のことを知りました。家電だったら、自分のやっている仕事を分かりやすく人に伝えられるので、入社を決めました。大学卒も院卒も関係なく採用してくれるところもポイントになりましたね。
I
私の大学でリケジョセミナーが開催されました。そのときに、OGのFが来てくれました。もとからものづくりをしたいという気持ちはあったので、冷蔵庫やチルド室のお話を聞いて、こういう世界もあると知り、やってみたいなと思ったことがきっかけになりました。入社1年目から希望通りにチルド室の開発に関わっています。
F
Iは最近よくうちの実験室に来るもんね(笑)。
私は、会社の社名が目につくところに書いてあって、「これが私がやった仕事」というふうに指差せる仕事がしたいと思っていました。冷蔵庫は女性が触ることが多いものだから、入社したら女性の意見が役に立つかなというのと、化学メーカーの出身者が少ないので、知識が即仕事に生かせると思ったんです。

「これが私がやった仕事」そう指差せる仕事がしたい。

F
F
設計開発
プロダクト統括本部 冷熱家電本部 第一設計部
F
1991年入社 工学部 環境化学科卒
※所属は2020年2月現在

やりがいのあるところは
どんなところですか?

I
自分が設計したものが商品化されて量販店に並んでいるときは嬉しいです!この間、量販店に行ったときに自分が関わったチルド室搭載の冷蔵庫があって、すごく感動しました。
N
あれはすごく感動するよね! 自分達が作った冷蔵庫を一(いち)ユーザーとして自分で使えるというのが魅力の一つなんじゃないかなと思います。
F
今は店頭で実食品を使用して実演販売をしているから、冷蔵庫をこれから買おうとしているお客さまに良さを伝えることができるんだよね。冷蔵庫って使ってみないと良さが分かりにくいから、店頭の並べ方とか展示の仕方に私たちの意見が反映されて、お客さまの買いたいという気持ちにダイレクトにつながるのは嬉しいです。あとは、真空チルドを作ったときに、工場内の方々から「すごく鮮度が保てていい!」と声をかけられたことは今でも忘れられない経験です。
S
私は品質保証部なので、ちょっとした不良を見つけて、それを改善できたときにやりがいを感じます。今は内容積の測定をやっているんですけど、自分が測定した情報がカタログに載ったとき、仕事が「形」になったという実感が持てました。

自分で作った冷蔵庫を自分で使えることが大きな魅力。

N
N
品質保証
プロダクト統括本部 冷熱家電本部 第一設計部
N
2010年入社 工学研究科 電気・電子工学専攻卒
※所属は2020年2月現在

女性としての強みが
生かされるところはありますか?

F
冷蔵庫は女性が使うことが多いので、女性の視点が役に立っています。野菜のまとめ買いをすると、傷んだり、鮮度が落ちちゃうじゃないですか。でも、捨てるのに罪悪感があるだろうから、野菜の新鮮さや見た目を守るために、乾燥せず、新鮮さが保てる野菜室を考えました。
N
男性は、野菜室に何が入っているのか知らないっていう人もいますからね。そんなとき、日々家事をやっている女性の意見が重宝されます。
S
冷蔵庫のドアの開けやすさを試すときは「このくらいだとどう?」と聞かれることもありますよ。男女で力の差があるので、参考にしてもらうことが多いんです。
I
見た目や棚のたわみの確認も女性がすることが多いですね。女性の目線だからこそ、あまり気づかれない細かいところまでチェックできるので、そこは強みだと思います。

目標は「品質の砦」として活躍すること

S
S
品質保証
CS統括本部 品質保証本部
第二品質保証部 冷蔵庫品質保証グループ
S
2015年入社 工学部 生体分子機能工学科卒
※所属は2020年2月現在

職場環境や福利厚生について
教えてください。

N
部署間の壁はあまりないので、風通しはいいです。
周りの人はみんなとても親切で、ささいなことでも、協力してくれる人が多いです。
S
そうですね。特に、力仕事はいつも男性が手伝ってくれます。
冷蔵庫を運ぶときは段差に引っかかってしまうことがあるので、運んでもらえて助かっていますね。
I
でも、業務上は男女関係なく対等な立場で仕事をしています。発言をすれば意見もきちんと聞いてくれるし、女性だから・・・という引け目は感じません。
F
そうそう。新しい製品を作ろうと思ったときに、自分の意見をしっかり言わないと何も始まらないんです。
N
設備面でいうと、ロッカーは1人1個与えられているので、そういうところは人数が少ないメリットではあります。
S
困るとしたらトイレですかね・・・。トイレは綺麗ですけど、もう少し数を増やしてほしいなと思います。
I
入社後の現場研修で改善希望のアンケートに皆絶対トイレと書きますよね(笑)。その甲斐もあって、今は徐々に増えてきています。
F
福利厚生でいうと、育休や産休もしっかり取れますね。私が子どもを産んだときも、周りの人たちはとても協力的でした。
N
会社の方はとても親切で、目上の方は皆、親戚のおじさんみたいなんです(笑)。

入社1年目から希望通りのチルド室開発に
関わることができた。

I
I
設計開発
プロダクト統括本部 冷熱家電本部 第一設計部
I
2015年入社 工学部 数学部・物質環境化学専攻卒
※所属は2020年2月現在

皆さんの今後の目標を
教えてください。

I
私は英語力を強化して、もっとグローバルで活躍したいと思います。アジアで日立の冷蔵庫を売っていますが、アジアだけではなく、欧米に自分の作った製品を売っていきたいです。
F
以前真空チルドを開発したように、設計の人が作ってみたいと思える機能をまた提案したいと思っています。お客さまのメリットになるような構造を開発から発信して、設計や他部署ともっと連携していきたいですね。
S
私は、外観から中身、性能まで満足のいく製品を作って、お客さまに「日立の冷蔵庫を買って本当に良かった」と思ってもらいたいです。
製造前に認定試験というのがあるんですけど、しっかり直して世の中に出したいです。品証は、「品質の砦」と言われているので、名前に恥じないように活躍したいなと思います。
N
皆さんにほとんど言われてしまいましたが・・・私は子どもを産んでもお仕事を続けられたらなと思ってます。あとは品証に女性をもっと増やしていきたいです!
左からS I F N

最後に、就活生(理系女子学生)へ向けてメッセージをお願いします。

N
体力的に大変なことはあるけど、やりがいはすごくあります。特に家電だと、自分の仕事がそのまま形になって、世の中に出ていきますからね。就活は、興味のあることにはどんどんアタックした方がいいと思います!
I
職場では、コミュニケーション能力はすごく大切になるので、今のうちに身につけておいた方がいいと思います。チームで製品を作るので、他部署やメーカーさんとの打ち合わせがたくさんあり、毎日充実しています。
S
説明会へできるだけ行って、この会社で自分が生かせることは何なのかを考えるのがいいかなと思います。自分がこの会社で働きたいことや大学で学んだことが何に生かせるかをちょっと考えておくだけで、面接にも応用が利きますね。
F
実際、現場は男性が多いんですが、会社は女性の力をどんどん取り入れたいと思ってます。男性社会だからこそ、飛び込んだら面白いことがたくさんあるんじゃないかな。発言力さえあれば、いくらでもチャンスはありますよ。毎年、女性だけの新卒歓迎会をやっているので、女性の方、お待ちしています。
左からS I F N