ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ株式会社

伊藤 翼

WORKS & PERSON

伊藤 翼(イトウ ツバサ)プロダクト統括本部 生活家電本部
生産技術部 生産技術グループ
2016年入社 デザイン工学部 デザイン工学科出身
※所属は2019年4月時点

お客様に実際に使っていただく製品を
製造するための設備を設計する魅力。

伊藤 翼

Q1.現在の仕事について

ドラム式洗濯機の組立自動化設備の設計をしています。主に新製品の開発に伴い、「新規自動組立ラインの構築」や「既存設備の改造による合理化」などを行います。製造を担当する部署から、設備の仕様を提示され、その要求を満たすことはもちろん、製造現場で作業する方々が、「安全」で「使用しやすい」設備を開発することをめざしています。そのため、毎日製造現場に足を運び、作業者の方々とコミュニケーションをとりながら仕事を進めています。

伊藤 翼

Q2.仕事の魅力とやりがいは?

入社3年目になり、設備の構造に関する知識が増え、設計に自分の個性を出せるようになってきたことに面白さを感じています。設備の立ち上げにおいて、全体の取りまとめをすることが多くなりましたが、まだまだ未熟な面もあり、さまざまな方々からアドバイスをもらいながら仕事をしています。製造現場の方から、私が担当した設備に対して良い評判をいただいたときの嬉しさは格別で、仕事の原動力になります。

伊藤 翼

Q3.今後、実現したいこと

入社2年目にとりまとめを担当した縦型洗濯機の駆動部組立ラインの設計では、設備搬入エリアが狭く、設備の省スペース化が必須でした。また「組立管理寸法の自動管理化」や「フェイルセーフ機能」の組込みなど課題も山積みで、何度も設備DR(デザインレビュー)を繰り返しました。課題から逃げずに取り組むことで、省スペースでデジタル管理システムが搭載されたラインを実現することができました。この仕事のように課題に真摯に取り組むことで、成長する機会を与えてくれた上司に感謝しています。今後も「良・安・速」な安全で使用しやすい設備を設計していきたいと考えています。

Q4.学生へのメッセージ

当社の製品の最大の特徴は、インフラや情報技術とは違い、一般のお客様に実際に買っていただき、使っていただけることだと思います。家電量販店に足を運んだ時、お客様が自分の担当した製品を買っていただく姿を目にすると、とても嬉しく、より良い製品を作ろうという気持ちになります。みんなで一つのものを作りあげるという気持ちを共有し、活気にあふれた会社ですので、ぜひ一緒に働きましょう。

WORKS & PERSONWORKS & PERSON仕事・人を知る