ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ株式会社

上山 有香子

WORKS & PERSON

上山 有香子(カミヤマ ユカコ)品質保証本部 第一品質保証部
掃除機・ポンプ品質保証グループ
2015年入社 工学部 生体分子機能工学科出身
※所属は2019年4月時点

何度も試験と自分への問いかけを繰り返し、
お客様が安心して使える製品を提供する。

上山 有香子

Q1.現在の仕事について

主に新製品の製品認定業務をしています。認定業務とは、製品が十分な強度を持っているかを調べる強度試験やさまざまな環境下で誤動作しないかを確認する環境試験など試験を通し、問題点の洗い出しを主に行う業務で、新製品立上げには大切な仕事だと思っています。なのでいつも業務を行うにあたり、「この製品でお客様に不便な思いをさせないか」「より安心して使ってもらえる製品とはどんなものか」など、お客様の視点に近い位置で製品を見つめ、満足していただける製品を提供できるよう心がけています。

上山 有香子

Q2.仕事の魅力とやりがいは?

品質保証の担当者は一番に新製品に触り、使う立場にいます。だからこそ、誰よりも厳しく製品に向き合い、製品の善し悪しを判断しなければなりません。試験をする中で「これでいいのか?」「なぜ大丈夫なのか?」と何度も自分に問いかけたり、改善案を提案することで、お客様が安心して使える製品を提供することができると考えています。また、その中で蓄えた知識を次の製品づくりに活かせるところにやりがいを感じています。掃除機・ポンプ品質保証グループは、キャニスター型、コードレススティック型、ロボット型、海外向け製品といった多くの機種に関わることができる部署です。難しいこともたくさんありますが、いろんな製品の特徴を知ることができ、面白いですね。

上山 有香子

Q3.今後、実現したいこと

仕事をする中で、「自分は何をするべきなのか」など自分で考えて行動するようになりました。これからも自発的に行動をすることで、更なる成長につなげていきたいです。新会社では製造・販売・サービスが一体となるため、よりお客様の声が現場に届きやすくなり、「日立の製品」に求められていることがいっそう明確になると思います。これからも、より安心・満足して使ってもらえるような製品づくりに携わっていきたいと考えています。

Q4.学生へのメッセージ

私の所属するグループではみんなひとりひとりが自発的に何が必要か考えて行動しています。また、設計を経験した人や得意分野が異なる人が集まっているため、試験をしていて疑問に思ったこと、わからないことを相談したとき、多方面から意見を出し合うなど、互いに協力し合いながら業務を行っています。学生の皆さんも今から自分のやっていることに対し、何度も自分の中で問いかけたり、考えたりする癖をつけるようにしてください。そうすることが、自分の成長につながり、社会に出てから求められるスキルが身につくと思います。

WORKS & PERSONWORKS & PERSON仕事・人を知る