ページの本文へ

Hitachi

日立グローバルライフソリューションズ株式会社

大江 誠

WORKS & PERSON

大江 誠(オオエ マコト)グローバル家電事業統括本部グローバル戦略本部、
香港日立有限公司に出向中
2005年入社 経済学部出身
※所属は2019年3月時点

香港でマーケティングに関わる幅広い業務を担当
日々決断を重ね、目標を達成していく充実感。

大江 誠

Q1.現在の仕事について

香港の販売会社で家電品のマーケティングを担当しています。主に香港市場向けの家電品の製品計画、販売予算の決定、仕入在庫管理、広告などの販売促進ツールの作成を行っています。製品計画については現地営業部門、工場、本社と検討を繰り返し行い、2年後、3年後の発売製品、販売台数を自分が中心となって決定していきます。販売予算の決定では各製品の年間の販売台数を決め、工場と仕入れ価格の交渉をして、利益を確定させていきます。仕入在庫管理では、日々販売傾向をチェックして、翌月以降の販売計画を決め、製造側の工場とやり取りを行い、仕入れ台数を毎月決定しながら、適正な在庫管理を行います。広告については、テレビCMから製品POPまで、担当部署、広告代理店と検討を重ね作成していきます。海外販社での駐在員の業務は、日本国内と比べ規模は小さいながらも、さまざまな業務の責任を持ちつつ、幅広い仕事を経験することができます。

大江 誠

Q2.仕事の魅力とやりがいは?

私の業務内容は、いずれも会社としての利益に大きく貢献できる業務だと日々実感しています。私の業務において最も大切であり、最も難しいことが一つひとつの決断です。製品計画、販売予算、仕入台数を決定する際、販売の現場からは日々あらゆる情報が入ってきて、その情報に決断を迷わされたり不安にさせられたりします。しかしそのような状況の中で、自分が決定した製品、台数を売り切った時、正直ホッとするのと同時に、大きな達成感があります。

大江 誠

Q3.今後、実現したいこと

香港の家電市場は、自由貿易港という特徴もあり、世界各国から高品質の製品が入ってきており、また消費者も目が肥えているため、とても厳しい市場です。現在、その香港市場で日立は冷蔵庫、洗濯機(縦型洗濯機)、エアコンのシェアNo.1を長年継続しています。新会社は製造部門と販売部門が別々の会社から一つの会社になり、我々の販売サイドから製造サイドへお客様の要望をさらに早く、的確に伝えられる環境に進化します。よりよい製品を作り、シェアNo1を継続する事はもちろんですが、その他の製品のシェア向上を実現したいと考えています。

Q4.学生へのメッセージ

将来の自分自身の目標を、就職活動中に明確にするとよいと思います。明確になったとき、その目標を達成できるか不安になるかもしれません。しかし将来の自分にとって一番重要なことは、明確になった目標を忘れず、就職後、達成に向けて頑張り続けられるかどうかです。自分の人生の中で大切なことですので、今は前向きに大いに考えてほしいと思います。当社は将来のみなさんの目標達成にとって、いろいろな可能性のある会社だと思います。ぜひ、入社を検討してください。

WORKS & PERSONWORKS & PERSON仕事・人を知る